Implant

歯を失ってしまった方への
治療法

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

入れ歯やブリッジと異なり、隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で違和感なく噛むことができるようになります。 また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

歯を失ってしまった方への治療法

米国ロマリンダ大学に留学経験を持つ
アメリカインプラント学会認定医在籍

米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍

当院には、米国ロマリンダ大学インプラント科に2年間の留学経験を持つ、アメリカインプラント学会認定医が在籍します。
ロマリンダ大学は、現在のインプラント界を牽引する数々の有名なドクターを輩出した大学です。
日本でも数少ない、アメリカにおいて研究だけでなく臨床も行った先生です。
他院では骨がなくて断られた、他院でインプラントを埋入したがうまくいかなかったなど、様々な難症例にも対応可能です。

現地での様子

米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍

2年間の留学生活で、科学的根拠に基づいた知識だけではなく、実際に患者さんの治療を行う事により、技術と経験も得る事ができました。
特に前歯部インプラントで世界的にも有名なDr.Kanの指導を受けた事は、自分の歯科医師人生にとって大きな財産となりました。
この知識、経験そして技術をもとに、地域の皆様にしっかり貢献できるよう頑張ります。

インプラント治療の
メリット・デメリット

メリット デメリット
・自分の歯と同じように咬める ・保険が効かないため、治療費が高い
・健康な歯を削ったり、負担をかけることがない ・外科手術が必要
・見た目が自然 ・治療期間が長い
・顎の骨が痩せにくい ・全身疾患などの理由で適応されないケースもある

当院がストローマン社
インプラント
のみを使用する理由

ストローマン社

①ストローマン社インプラントが示す信頼性の高さと豊富なエビデンス

大学などの研究機関で行われる基礎的な研究や、世界中の一般開業医による臨床研究のデータが十分にあります。各社インプラントに比べ、安全性・確実性が証明されているのです。

②世界のインプラントシェアでもトップクラス

ストローマン社インプラントには50年以上の歴史があります。数多くのインプラントメーカーが出ては消えていきましたが、患者様のデータが50年蓄積しているインプラントメーカーとして世界で最も信頼されています。日本でもトップクラスのシェアを誇り、対応できる歯科医院も多いため、急な転居なども安心です。

③ITIの協力による、学術的に検証された製品

ITIは、世界最大のインプラント歯学に関する国際的非営利学術組織です。ITIは、インプラントおよび口腔組織再生分野における研究・開発・教育を通じ、患者さんの利益を追求しています。また、臨床研究や製品評価などにより、ストローマン製品開発への協力を行っています。

インプラント治療の流れ

1.事前検査

インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

事前検査

2.治療開始

お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。

治療開始

3.人工歯の装着

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

人工歯の装着

4.人工の歯(上部構造)を装着

インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

人工の歯(上部構造)を装着

5.メインテナンス(検診)

インプラントを長持ちさせるため、メインテナンス(検診)に定期的に通っていただきます。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。また、インプラントは虫歯にはなりませんが、メインテナンスを十分に行わないと歯周病にかかることがありますので、そうしたトラブルを防ぐためにも治療後もしっかりとサポートいたします。

メインテナンス(検診)

当院医師がドクターズファイルに取材されました

当院の医師がインタビューの取材を
受けました。
詳しい内容は下記のバナーよりご覧ください。